にきびに強気で挑もう|強敵から美肌を取り返す

病気と認識しましょう

頬を触る女の人

にきびは成人の9割以上が経験する皮膚の病気です。治療は毎日適切な洗顔を行うことが基本になります。並行して、肌へのダメージを軽くして色素沈着や痕が残るといった後遺症を避けるためにも、初期の段階から専門の皮膚科に治療を受けることをお勧めします。

詳細へ

吹き出物のない綺麗な肌

美容整形

にきびの治療は、重症化する前に早めに通院を始めることでその分肌の回復が早くなると言えます。食事やスキンケアの方法など生活習慣に気を付けながら、根気よくケアを続けていくことでにきび跡が残らない丈夫な肌にすることが出来ます。

詳細へ

吹き出物対策

目を閉じる女性

厚い角質が一因

頻発するにきびを早く治すためには、肌のコンディションを整えることが大切です。美容クリニックを利用する場合でも、施術の効果を最大限に得るためには日頃の肌のお手入れが物を言います。にきびは、概して毛穴に汚れや皮脂が溜まることで発生する皮膚症状です。従って、皮脂の過剰な分泌を抑えるとともに、毛穴を常に清潔に保つことが求められます。肌の状態を左右しているのは、実のところ角質です。角質が厚くなると、水分の吸収が悪くなり乾燥や過剰な皮脂分泌が生じてきます。不適切な洗顔や紫外線などが、角質を厚くしてしまう要因の一つです。特に紫外線は、角質を厚く変化させる大きな原因となり得ます。ですので、にきびの治療中は、出来るだけ紫外線にあたらない工夫をするのがコツです。紫外線は、シミやしわを引き起こすことでも知られます。肌にとってはいわば大敵となるため、様々な方法でガードをするのがベストです。肌には、本来自らの組織を守る力が備わります。紫外線を浴びることで刺激されるのが、この手の防御力です。肌を守るために角質は次第に厚くなり、にきびを誘発しやすい条件が揃います。この場合日焼け止めなどを用いることが、肌を無暗に刺激しないためのコツです。防御力も度を超すと、時に肌トラブルを誘発します。肌にかかるストレスを出来る限り少なくしてあげることが、にきびを早く治す近道です。日焼け止めは、実のところ年間を通じて使うことが推奨されます。太陽が出ていない日も、油断するのは禁物です。

菌が原因

にきびの状態では、毛穴の中ににきびを誘発する菌が存在します。こういった菌は空気に触れると死滅してしまいますが、毛穴の奥に隠れている限りは生き続けるのが常です。このような菌が存在していると、一旦炎症が治まっても再び同じような症状が繰り返し起こります。こういった毛穴の奥に潜んでいる菌を特殊な機器で吸いだすのが、最近の美容クリニックのにきび治療です。ピンポイントで吸引を行うため、確実な効果が期待出来ます。菌が排出されることで、炎症がより早くおさまるようになり、後遺症も減るのが大きな魅力です。こういったプラスアルファのアプローチは、一般皮膚科の保険診療では難しくなります。ですので本気でにきび治療を行いたい場合は、自由診療で幅広いアプローチを行う美容クリニックを利用するのが良い方法です。この手の美容クリニックでは、効果の高いにきび痕の治療法を考案しています。にきび治療と合わせて行うことで、短期間で肌をきれいな状態にすることが可能です。にきびは概して悪循環に陥ることが多く、タイミングを押さえた集中的なケアがかなりの効果を上げます。必要に応じて内用薬による治療も行われることから、体の中からもにきびを予防できるのが一つの利点です。美容クリニックで多く用いられているのが、様々なレーザー機器です。このようなレーザー機器を用いた治療が受けられる点は、美容クリニックならではのメリットと考えられます。菌へのアプローチもレーザー機器を用いれば、比較的容易です。

吹き出物のない綺麗な肌

微笑む女性医師

にきびの治療法は、いくつもありますが中でも特にレーザー治療が人気となっています。即効性があり、短期間で改善出来てにきび跡も出来にくいからです。普段から予防に努め、生活習慣やスキンケア方法を見直すことも大事です。

詳細へ