にきびに強気で挑もう|強敵から美肌を取り返す

病気と認識しましょう

頬を触る女の人

自己判断は止めましょう

にきびは、多くひとを悩ませているものです。症状の軽重にもよりますが、成人の9割以上が経験するにきびは、皮膚病の一種です。思春期のホルモンの作用により皮脂腺の分泌が活発化して皮脂が皮膚から排出されますが、毛穴がふさがれると皮脂が貯まり、その皮脂ににきびの原因菌が作用して炎症が起こる、ということです。悪化する原因としては、食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。年齢を重ねることにより、次第に症状は軽くなります。とはいえ、思春期特有の精神状態からは、見過ごしにできないことでしょう。その場合、対処が必要になります。対処の一つが十分な洗顔により余分な皮脂を洗い流す事や、毛穴に詰まった汚れを取り除くことです。これは、スキンケアの基本です。そして、使用する洗顔料ですが、にきびの原因菌の増殖を抑えてくれる物、適度に保湿力のある物、毛穴の汚れを取り除いてくれる物を選びます。人それぞれに肌の質が違いますので、自己判断や口コミを鵜呑みにせず、医師や薬剤師に相談してから購入しましょう。購入した洗顔料は正しく使用して初めて効果が出るものです。洗顔料はよく泡立てて使用し、優しく洗いながら、最後は泡が残らないようにしっかりすすぐことです。もし、泡立て方が足りなかったり、必要以上に強くこするように洗ったり、すすぎを適当に済ませてしまったり、と思い当たる場合は見直しをする必要があるでしょう。しかしながら、十分な洗顔で肌を清潔に保ちながらもにきびが出来た場合はどうしたら良いのでしょうか。一言でいえば、自己判断を止めて専門家のアドバイスを受ける、という事です。

笑顔を取り戻すために

基本的なにきびの治療は十分な洗顔ですが、にきびを治すにはその種類により有効な治療方法が異なります。これは家庭で対応出来ることではなく、専門クリニックで治療を受けることが有効です。例えば、汚れなどで毛穴がふさがれた初期状態の皮脂は内部に貯まり、皮膚の表面から見ると白っぽくポツンと出来ています。所謂白にきびです。さらに症状が進んで外に皮脂が滲み出てくると、汚れが付着したり酸化したりして先端部分が黒っぽくなります。これは黒にきびと呼ばれます。これらの状態では皮膚内部で炎症を起こしていないので、内部に貯まったコメドと言われる白い塊を押し出せれば痕は残りません。ただ、自己流で上手くいかない場合はその限りではありません。上記の白にきび、黒にきびを放置した場合は赤にきびと言われ、炎症を起こした状態に進みます。更に症状が進めば黄にきびと言われるようになります。膿を持つことになり、治癒しても痕が残ったり色素沈着を起こしたり、という後遺症があります。これらの症状への対処は抗生物質の使用による治療です。いずれにしても、それぞれの症状個別の治療や炎症を起こしているか否かの判断、適した治療薬の選択は素人には無理です。誰でもかかるにきびの治療に専門のクリニックに罹るなんて、と思われるかもしれません。しかし、普段から適切な洗顔を行いつつ早い段階で治療を始めれば、肌へのダメージは軽くて済みますし、徒に悪化させることもありません。色素沈着や痕が残ることもないのです。にきびに悩んでいるのであれば、あなたの笑顔を1日でも早く取り戻すためにも、専門のクリニックに相談して治療することを強くお勧めします。専門のクリニックでは、自分でニキビを潰してしまい跡になってしまったという場合にも、レーザー治療で跡を薄くしてくれます。日帰りで受ける事ができる気軽な治療法なので、需要が高まっています。