にきびに強気で挑もう|強敵から美肌を取り返す

吹き出物のない綺麗な肌

美容整形

生活習慣に気を付けること

多くのひとを悩ませているニキビは、皮脂分泌が正常に行われなくなり詰まった毛穴にアクネ菌が増殖することで炎症を起こす皮膚疾患です。にきびは皮脂分泌がされやすい部位に出来るので、顔をはじめ胸元や背中などに出来やすく、反対に手足には出来ることがほとんどありません。にきびが出来やすい時期は誰にでも存在します。中学生から高校生にかけての思春期だけでなく、社会人になったばかりのころに出来る大人にきびがあります。思春期に出来るにきびは、主な原因がホルモンバランスの乱れであることが多く、社会人になって出来る大人にきびは環境の変化によるストレスなどが大きく関わっていると考えられます。そのため、思春期の頃に出来るにきびは一時的なものがほとんどですが、適切にケアや治療が出来れば元の肌状態に回復させることが出来ます。大人にきびの場合は、思春期に出来るものほど状態は酷くないものが多いですが、再発しやすく根気良いケアが必要になってきます。皮膚科や美容クリニックなどで治療が受けられますが、同時に生活習慣にも気を付けることが大切です。ホルモンバランスの乱れやストレスだけでなく、食生活も関係しているからです。皮脂分泌が過剰にならないように、脂っこいものや糖分の多いもの、高カロリーなものは避けるようにして野菜中心の食生活にします。ビタミンB群やビタミンCは、健康な肌にするために欠かせない栄養素であり美容クリニックでも処方されることが多いので、食事でもしっかりと取り入れていく必要があります。また、男性の場合は、ヒゲを剃ることで傷が出来ると雑菌が入りにきびが出来やすくなるので、カミソリではなく電気シェーバーを使うことも大事です。

早めに病院に通う

早く肌を元の健康で綺麗な状態に回復させるには、治療を受けることが大事になります。軽度であれば、時間が経つにつれて徐々に自然と消えることもあります。しかし、跡を残さないようにするためにも、美容皮膚科で治療を受けたほうが確実なケアが出来ます。美容皮膚科では、主に美容機器を使った治療の他にビタミン剤を中心とした内服薬や軟膏などの外用薬が処方されます。美容機器を使った治療は、炎症が酷く肌のダメージが大きい重度の状態でも改善させることが出来るとされています。跡の予防改善にも良いレーザーを使った治療や肌の白さを取り戻すイオン導入、直接肌に栄養を与える注射、肌を再生するピーリングなどがあります。美容皮膚科では専門的な治療だけでなく生活習慣の改善、スキンケアの正しい方法などあらゆるアドバイスが受けられます。にきびぐらい自分でケアして治すと考える人が多いですが、にきびは皮膚疾患の一種であるため正しいケアが出来ないと化膿するなど悪化したり跡が残ることがあります。にきび跡は、紫外線に当たると色素沈着を起こしそのままシミになることもあるので注意する必要があります。酷い状態でなくても、酷くなる前に早めに病院を受診してにきびの治療を行うことが大事になります。また、一度の治療で改善させるのではなく通院して定期的にしっかり治療を受けることで、健康的な素肌にすることが出来るようになります。日々の生活習慣を正しながら治療を受けていけば、にきびの症状改善だけでなく再発予防にもつながると言えます。